Date: 2020.07.16 | 投稿者: shio

皆さん、こんにちは!shioです。

先日、JR東日本水戸支社の「安全伝承館」という教育施設に行ってきました!

「安全伝承館」は、2020330日、水戸駅近くに開館しました。

JR東日本では安全性を高める取組を継続しており、「安全伝承館」は「安全」のレベルアップを図るため、社員向けに作られた教育施設です。館内は「安全語らい室」、「体験室」、「展示室」の3つに分かれています。

 

水戸支社の三大労災は、①触車事故、②墜落事故、③感電事故の3つだそうです。

 

ルールを破るとどうなってしまうのか、VRで実際に体験することも出来ます。

今回、私shioは、特別に感電事故のVR体験をさせていただきました。

VRゴーグルをつけてみると、前も後ろもパソコンの画面に記されたような世界が広がり、それまでの現実的な世界とは一変し、一気に鉄道現場で働いているような気分になりました。

 

車両の上に乗って点検を行うという想定で体験しました。安全フックを架線に掛けようとした瞬間、いきなり架線から火花が散り、私は一瞬で車両の下に転落してしまいました。事故が起きた瞬間は何が起きたのか分からなくなってしまい、本当に怪我をしてしまったような気分にもなりました。

「安全伝承館」には、過去に水戸支社管内で起きた鉄道事故について、何が起きたのか…「発生経緯」、なぜ起きたのか…「原因」、その後どうなったのか…「対策」が、1つの事故ごとにパネルに記されています。

 

その中には、事故の再現ジオラマもあり、小さな模型ながらとてもすごい迫力でした。列車がグシャグシャになってしまったのを見て、言葉を失ってしまいました。

1943年、第2次世界大戦の末期ごろに起きた土浦市の列車衝突事故。死者110人を超える大きな事故だったそうです。当時は、事故原因の究明より一刻も早く運行させることが優先されたそうです。

 

人災による事故のみならず、自然災害による事故もありました。東日本大震災です。

あれから9年。2020年3月14日には常磐線の全線での運転が再開されました。

 

震災による影響は恐ろしいものでした。津波の影響で常磐線の架線やレール断線のほか、線路の歪みも見られ、車両が立ち往生に。上の写真の奥の方、常磐線の水戸~勝田間には、上り・下りの両路線に特急車両が止まっていたそうです。

 

福島県最北部に位置する新地駅は特に被害がひどかったそうで、グシャグシャになってしまった車両が大きな写真として載っていました。当時の車両は現在でも保存されているそうです。

「乗務員は車両を離れない」と、鉄道業界では言われているそうです。

しかし、新地駅では乗客を避難させた後、奇跡的に残った橋梁に乗務員も避難したことで、全員無事だったそうです。地震が起きた直後に「津波が来る」という乗務員の方のとっさの判断が的確で、当時、車内で亡くなった方はゼロだったというエピソードがとても印象的でした。

 

皆様も、お出かけをされる際には自動車だけでなく鉄道やバスも利用されることと思います。

同じような大事故が繰り返し行われない背景には、事業者の方の並々ならぬ努力があって私たちの命が守られていることを実感しました。

事故が起きても、なぜ起きてしまったのかを追求し、同じ過ちを繰り返さないことで今後につなげていくこと。それが多くの利用客を守っていくことであることを学ぶことが出来ました。

↓↓安全伝承館についての詳細はこちらから↓↓

http://www.jrmito.com/press/200313/press_01.pdf

Date: 2020.07.03 | 投稿者: shio

皆さん、こんにちは!shioです!

梅雨の時期ということもあり、なんだかジメジメしていますね・・・。

 

前回のブログでは、Facebookには150件近くの「いいね」、Twitterには600件を超えるたくさんの「いいね!」をいただき、たくさんの方にブログをご覧いただきました!皆さま、本当にありがとうございました。これからも公共交通の情報発信を頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

上記SNSについては、下記URLより該当ページにアクセスできますので、よろしければ、シェアや「いいね」をよろしくお願いいたします(^^)/

 

Twitterhttps://twitter.com/Ibaraki_Kouhou/status/1268799947903770626

Facebookhttps://www.facebook.com/shittekke/posts/3126130620742841?__tn__=-R

 

 

 

さて、今日はタイトルにもあるように、水郡線イベントのお知らせです!

昨年10月に発生した台風19号により、橋梁の流失などの被害を受けたJR水郡線において、不通となっていた西金駅から袋田駅までの区間が、来る7月4日(土)に運転再開いたします。

この運転再開を記念し、「水郡線西金~袋田駅間運転再開沿線活性化イベント」を開催します。

 

開催日は、今週末の202074日(土)~5日(日)!

場所は、水戸市の水戸駅改札外コンコースと、大子町の袋田駅の2か所で開催されます!

開催時間は、水戸駅が1100分~1800分まで、袋田駅が1000分~1500分までとなっております。

 

↓↓詳細については、下記URLよりご覧ください↓↓

https://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/kotsuseisaku/tetsudo/suigunsen-event-20200704.html

 

皆さま、ぜひ応援お願いします!

 

Date: 2020.06.04 | 投稿者: shio

皆さん、こんにちは!shioです。なんだかあっという間に6月ですね!

寒暖の差が激しい日もありますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、突然ではありますが、今日はひたちなか海浜鉄道湊線について、紹介したいと思います。

コロナウイルスの影響で世間はお出かけしにくい感じもしますが、リンク先や写真を眺めていただき、お出かけ気分を味わっていただければと思います。コロナウイルスが落ち着いたら、ぜひ足を運んでみてくださいね!

ひたちなか海浜鉄道湊線は、JR常磐線の勝田駅を起点に、阿字ヶ浦駅までひたちなか市内の計10駅を結ぶ全長14.3kmのローカル鉄道です。大正2年に運行を開始し、車窓からは広大な芋畑や田園風景を見ることができます。

 

 

湊線の駅名標は、とても特徴的で、漢字の中に各駅の名物や特徴を示したイラストが描かれています。こちらの駅名標がデザインされたキーホルダーは、とても人気です。

全ての駅のキーホルダーが販売されていて、公式の通販サイトで、購入が可能です。ぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

 

湊線の沿線には、人気アーティストが多数出演されることで有名な国内最大級の野外音楽イベントROCK IN JAPAN FESTIVALの会場でもあり、ネモフィラやコキアが美しい景色を彩ることで人気の国営ひたち海浜公園や、とれたての海産物をお手ごろな価格でGETできる那珂湊おさかな市場もあります。

 

(写真提供:国営ひたち海浜公園、ネモフィラの見頃は4月中旬~5月中旬です。)

 

今年は、新型コロナウイルスの影響で、ネモフィラの公開もロックインジャパンも、残念ながら中止となってしまいました・・・。

湊線では昨年夏、ロックインジャパンフェスティバル開催20周年を記念して、ロッキンのデザインを施した列車が走行されました。また来年見られることをお祈りしたいと思っています。(2020年6月現在、この車両は走行しておりません。)

 

(写真提供:ひたちなか市)

 

そんなひたちなか海浜鉄道湊線ですが、実は昨年、人気アイドルグループ乃木坂46の「路面電車の街」という楽曲のミュージックビデオに登場しています!

【詳細情報】http://www.nogizaka46.com/smph/news/2019/08/224thcw-music-video.php

 

湊線は「路面電車」ではありませんが、写真のように晴れた日には田園風景などの緑豊かな美しい景色を見せてくれます。

上記のリンクでは登場していませんが、ミュージックビデオ(フル)では、湊線の終点駅でもある阿字ヶ浦駅も登場しています。

こちらもぜひ、ロケ地巡りをされる際にチェックしてみてください!

 

 

阿字ヶ浦駅の近くには、阿字ヶ浦の海岸をはじめ、酒列磯前神社阿字ヶ浦温泉のぞみもあります。

温泉から見える水平線の景色も最高で、おすすめのスポットです!

コロナウイルスが落ち着いて、ひたちなか方面へお出かけされる際には、ぜひひたちなか海浜鉄道湊線をご利用ください!

Date: 2020.05.12 | 投稿者: shio

皆さん、こんにちは!shioです。なんだか急に暑くなってきましたね。
今日は、沿線地域住民の方から提供いただいた水郡線と田園風景の写真を紹介します。

この田植えの時期に田んぼから撮影した、水郡線の車両(2カラー、シンメトリーの撮影)の写真です。 田植えの前に、「代掻き(シロカキ)」という作業を行うのですが、その作業中に沿線地域の方が撮影してくださったものです。

この時期に、この自然いっぱいの水郡線沿線地域でしか見られない、そして地域の方の視線でしか撮影できないとても貴重で自然身あふれる写真です。

コロナウイルスが落ち着いたら、ぜひ水郡線に乗って、緑の多いのどかな風景に癒されてみてください!

最近暑い日が続いているので,熱中症に気を付けてくださいね!

 

Date: 2020.05.01 | 投稿者: shio

皆さん、こんにちは!shioです。いかがお過ごしでしょうか?

さて、今日は「ブルーイルミネーションバス」を紹介します。

このたびの新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、医療関係者の皆様に感謝や応援のメッセージを伝えるため、かすみがうら市地域公共交通会議と関鉄グリーンバス㈱が協働し、「霞ヶ浦広域バス」及び「千代田神立ライン」の路線バス各1両の車内にイルミネーション用ブルーライトを設置し、2020年4月19日から夜間点灯して運行しています。

両路線とも地域の基幹病院である土浦協同病院に乗り入れているほか、千代田神立ラインは神立病院や診療所を巡回し、医療機関の利用者や関係者の移動手段として運行されています。

(写真:関鉄グリーンバス提供)

かすみがうら市では、ほかにも医療機関へのマスク配付や医療関係者等へ拍手をもって感謝の意を伝えるクラップを市職員が実施するなどして、医療関係者等を応援しているそうです。

 

↓↓詳細は以下のリンクから↓↓

【かすみがうら市ホームページ】https://www.city.kasumigaura.lg.jp/page/page008135.html

【関鉄グリーンバスホームページ】http://kantetsu.co.jp/green-bus/news/news/blue_Illumination_bus.pdf

 

Date: 2020.04.24 | 投稿者: shio

皆さん、こんにちは!

今年度、交通ブログを担当するshioと申します。よろしくお願いいたします。

さて、この度の新型コロナウイルスの関係で世間は自粛ムードが漂っていますが、いかがお過ごしでしょうか。
水戸市のシンボルタワーでおなじみ、水戸芸術館のACM劇場で2018年の9月に公演された「海辺の鉄道の話」というミュージカルの動画が5月10日までの期間限定で、動画サイトYouTubeで公開されています。

ステイホームで、お出かけできずツラい毎日が続きますが、気分転換してみてはいかがですか?

【特別サイト】http://www.arttowermito.or.jp/topics/article_40288.html

↓↓詳細はこちらから↓↓
【公式サイト】https://www.arttowermito.or.jp/sp/310acm3710railstory/

Date: 2019.10.03 | 投稿者: shio

みなさま、こんにちは。
秋になって段々涼しくなると思いきや、まだ暑いですね~。

さて、いよいよ10月1日から『水戸~つくば間の高速バスの増便』が始まりました!
今回は、水戸駅南口にて行われた増便運行開始式の様子をお伝えします。

tm_001

テープカットで出発を祝いました!

式には、茨城県知事や県議会議員、バス事業者など関係者のほか、
水戸市のみとちゃんやつくば市のフックン船長も駆けつけてくれました。

水戸とつくばのゆるキャラの…

tm_003

みとちゃんとフックン船長も来たよ!

平日の便数も増え、土日の運行も始まりましたので、
通勤・通学観光買い物などが便利になりますね!
みなさんもどんどん使ってくださいね!

tm_004

バスに乗りたそうなフックン船長…

その他、詳しい運行情報や停留所等については、
運行を行っている関東鉄道㈱のホームページをご覧ください。

関東鉄道㈱ 水戸~土浦・つくば(TMライナー)
https://www.kantetsu.co.jp/bus/highway_mito_tsukuba.html

これからも、バスの写真や情報などを紹介させていただきます。
では!また!!

Date: 2019.09.26 | 投稿者: shio

みなさま、お久しぶりです。
茨城県の公共交通ブログについて、お休みしていてスミマセン…。
今後は定期的に更新していきますので、どうぞよろしくお願いします!

 

さて、今回は9月21日にアダストリアみとアリーナで行われた、
B.LEAGUE 2019-20シーズン B2リーグ戦、開幕節
茨城ロボッツvs.ライジングゼファー福岡 の試合で、
10月1日から始まる『水戸~つくば間の高速バスの増便』のPRキャンペーンを
行いました。

 

試合当日のアダストリアみとアリーナにて、
入場者の方へ、高速バス増便についてのパンフレットと
今後の応援に間に合う高速バスの案内をセットにして配布しました。

 

robots_01

センチュリワン君とロボスケもお出迎え

robots_02

ただいま準備中…

 

みなさんも、つくば方面からロボッツの応援に行く場合は、
ぜひ高速バスを使ってくださいね。

busflyer

配布した高速バスチラシ
(画像クリックで中身を確認!)

ロボッツの応援に便利な時刻表
(画像クリックで拡大)

 

パンフレットを受け取った方の中には、
「観戦しながらお酒を飲めるのはいいですね♪」

「早速、10月16日の山形戦で使います!」
などの声もあり、
超満員だったロボッツの試合同様、高速バスも超満員になるといいですね!

 

この日は、茨城ロボッツの今シーズンホーム開幕戦ということで、
会場のみとアリーナは超満員。
チームも以前より『茨城ロボッツ開幕節”超”満員プロジェクト』を行っており、
たくさんの人で賑わっていました。
しかも、開幕戦で勝利を収め、チームもお客さんも大興奮でした!

robots_03

開幕戦2連勝で頑張れロボッツ!

今後も、イベントなどでの高速バスの周知・PRの様子をご報告させていただきます!

では!また!!

Date: 2018.09.13 | 投稿者: shio

皆さん,こんにちは。

9月に入り夏の終わりを迎えようとしている今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

少しずつ涼しくなり秋の訪れを感じる今日この頃でしょうか。

 

 

さてさて,突然ですが9月20日は一体何の日か御存知ですか?

 

 

正解は「バスの日」です。

なぜ9月20日が「バスの日」なのかと言いますと,明治36年(1903年)9月20日に京都市において二井商会が最初にバス事業を始めた日とされていて,毎年9月20日が「バスの日」と定められているからです。

「バスの日」があったなんて知らなかったという人はきっと多いのではないでしょうか。

 

この度,その9月20日の「バスの日」に合わせて,県庁25階の展望ロビーで「県内のコミュニティバスパネル展」を本日9月11日(火)から9月28日(金)までの期間で絶賛開催中です。

 

 

なぜ,このようなパネル展を開催しているのかと言いますと,一言で言うと「バスの利用者が減っていてこのままではバスがなくなってしまう可能性がある」からなのです。

 

現在,マイカーの普及や少子高齢化の影響によりバスの利用者が大きく減少しています。

具体的には,昭和50年度の約1.8億人から平成28年度には約4千万人へと大きく減少しているのです。

バス利用者の減少に伴い,路線バスの廃止や減便が相次ぎ,地域住民の足が失われてしまう状況にあります。

 

しかし,その路線バスの廃止をカバーするために市町村が運行するコミュニティバスが増加しました。

コミュニティバスは地域の実情に合わせて住宅地をきめ細かく回れるように小型のバスを使用したり,通常の路線バスよりも安い運賃であったり,市町村のイメージしたデザインやゆるキャラがバスにラッピングされていたりと市町村ごとに特徴があります。

例えば,龍ケ崎市のコミュニティバスでは,市のマスコットキャラクターである「まいりゅう」がラッピングされておりとてもかわいらしいですね。

 

今回のパネル展では,このように市町村で運行しているコミュニティバスのパネルを30枚ほど展示しています。

パネルにはコミュニティバスの写真や,運行概要,運行ルートが掲載されており,これまでに実際に乗ったことや見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。

まだ乗ったことのないという人はぜひこの機会に一度乗ってみてはいかがでしょうか。

一度乗ってみることでバスの良さが分かることもたくさんあります。

例えば,好きな本を読む時間ができたり睡眠をとることができたりと新たな発見があるかもしれませんよ。

一人一人が毎日じゃなくていいのでたまにバスに乗るということがとても大事で,その積み重ねが未来のバスの維持につながるのです。

 

 

コミュニティバスだけでなくこのほかにも,かつて街中を走っていた昔懐かしい路線バスの写真やバスのミニチュアなども展示しています。

バス好きの人にとってはきっと目が輝くのではないでしょうか。

 

また,こちらにはバスの歴史本も展示しています。

こちらは,貴重な本なので現在はガラスケースの中に展示していますが,なんと9月20日の「バスの日」限定で,バスガイドさんが来てくれて公開する予定になっています。

ぜひとも見てみたいという方は,9月20日にお待ちしております。

 

いかがだったでしょうか。

今回はほんの一部の紹介ですが,ぜひとも県庁25階に来ていただいて実際に見てもらいたいと思います。

県庁内にはどなたでも入ることができるのでぜひお気軽に来ていただければと思います。

 

以上,本日から始まった「県内のコミュニティバスパネル展」のご紹介でした。

Date: 2018.08.22 | 投稿者: shio

皆さん、こんにちは。

猛暑と言われた夏も段々涼しくなってきて、秋の香りがしてきた今日この頃です。

 

さて、まずは今回のブログ内容に触れる前に、当ブログをしばらく休眠していたことをお詫び申し上げます。今後は失踪しないように心がけますので、愛想を尽かさず見ていただけますと幸いです。

 

 

ではでは、気を取り直して、先日8月20日に行われた「水戸線に乗って SL乗車体験ツアー!」のご報告をさせていただきます。

 

このツアーは、水戸線整備促進期成同盟会(沿線13市町と商工団体、県などで構成)が主催したものです。

JR水戸線、真岡鐵道のSL乗車を通じ、鉄道をはじめ、公共交通に興味を持っていただくことを目的に開催しました。

ツアーには、水戸線沿線6市(水戸市、ひたちなか市、笠間市、桜川市、筑西市、結城市)の小学生を対象に150名限定で募集したところ、非常に多くの方々にご応募いただきましたので、今回は抽選で当選されましたお子様・保護者様をご招待させていただきました。

さて、文章だけの説明は飽きましたでしょうから、ツアー当日の様子をご報告いたします。

 

 

朝、ツアーの参加者が水戸線を使って下館駅に続々と集合。駅前にある筑西市役所1会に移動し、全員揃ったところで元気よく朝の会を行います。

その後、下館駅まで移動すれば、皆さんが待ち望んだSLが目の前に!その大きさに圧倒されます。

真岡駅に到着すると、いばラッキー、ハッスル黄門がお出迎え。ようこそ!

昼食は真岡線沿線でとれた食材をふんだんに使用したSL弁当。

空調の効いた列車内で食べます。おいしそう~~。

 

おなかいっぱいになった後は、班別学習を行いました。

SL教室では、SLの種類や動く仕組みなどを学びました。講師の方から質問が投げかけられると、積極的に発言をする子どもたちの姿が印象的でした。また、普段は見ることの出来ないSL庫や、SLの展示施設であるキューロク館見学では、SLを目の前にして、興味津々に説明を受けています。

貴重な体験も終わりを迎え、最後は帰りの会をして解散です。

皆さん、おつかれさまでした!

 

なお、真岡鐵道では、毎週土日祝日にSLを運行しております。

真岡鐵道SL運行日(http://www.moka-railway.co.jp/jikoku01_sl.php

 

普段関わらない鉄道に触れ、目を輝かせている子どもたちを見て、このツアーをきっかけに少しでも鉄道に興味を持ってくれればいいなと感じました。