アーカイブ: 2010年2月23日

Date: 2010.02.23 | 投稿者: nakamoto


新デザイン車両

 


いつも話題の絶えない、あの「ひたちなか海浜鉄道」が、去る2月14日(日曜日)に、車両デザインコンテストの入賞者表彰式と併せて、新デザイン車両の完成披露イベントを行うというので、早速、那珂湊駅へ行ってきました。


この「車両デザインコンテスト」というのは・・・・・・

平成21年7月18日から9月27日にかけて、湊線の車両「キハ3710-01」と「キハ3710-02」を、「新生ひたちなか海浜鉄道」のイメージでデザインしてもらおうと、一般の方々から募集したもので、なんと、全国から189点もの応募があったそうです。そして、その中から、厳正なる審査で選ばれたデザインが、本日、湊線ファンの前でお披露目となったのです!!



勝田の駅名標

湊線の駅名標は慶応大学のアートイベント「MMMみなとメディアミュージアム」で作成したものです



勝田発10:44発の湊線に乗り込むと、イベント目当てのお客様で、いつもは空いているはずの車内はかなりの混雑。一般のお客様は、「何事か?」とビックリしていました。

現在「サザエさん」のオープニングに登場している中根駅の「田んぼ以外何にもない」のどかな風景を見ながら、車内で揺られること15分。ちょうど11:00前に那珂湊駅へ到着すると、すでに構内は人、人、人であふれていました。



ホームの上にはすでにたくさんの人が



改札では、駅員さんが「乗車記念証」と「新型デザイン車両のペーパークラフト」を配っていましたが、次から次から「ちょうだ~い」と伸びてくるお客さんの手に、対応が間に合いません。

しばらくすると、車庫からあの、「新デザイン車両」が入線してきました。

逆光で写りが悪いのですが、その姿、かっこイイです。



ホームへ入線してくる新デザイン車両



ホームの先では既に、表彰式典が始まっていました。



あいさつする本間ひたちなか市長(左は海浜鉄道の吉田社長)



最優秀賞を受賞したのは、東京都のデザイナー井上亮さんで、作品テーマは「曙光(しょこう)の大地」です。曙光というのは、朝焼けのことだそうですが、那珂湊のある太平洋から昇る太陽の光が、デザインに表現されているんですって。



テープカットの様子



最後のセレモニーであるテープカットが行われ、いよいよ、車両に乗り込みます。

お披露目運転では、新デザイン車両と旧デザイン車両の2両が連結運行するので、鉄道ファンにはこれも楽しみでしょうけれど、実はこの列車に乗ると、思わずニッコリのスペシャルプレゼントがあるんです。

イベント日は2月14日 セント・バレンタインデー。

そこで、海浜鉄道では、「茨城美少女図鑑」モデルの篠崎さんからの「バレンタインチョコプレゼント」を企画。しかも、チョコの中には三角くじも入っていて、あたりが出るとさらにプレゼントがもらえるとか!私も含めて、乗客の皆さんの期待はぐっと高まります。

でも、でも、車両はさっきの下り列車よりさらに混雑していて、車内の後方から前方への移動すら、思うようにできません。とても篠崎さんがチョコを配れる状況じゃあないな~と思っていたら、案の定、

「本日は車内でのバレンタインチョコプレゼントはできませんので、勝田駅についてからお配りします」との車内アナウンスが入りました。ちなみに、子ども達には「お菓子」が配られるそうです。

勝田駅を降りてからの戦場?は、ご想像にお任せいたします。

(残念ながらくじは、はずれでした。)



おさむ猫の指定席

那珂湊駅ホーム内にあるおさむの指定席



ちなみにこの日、駅猫の「おさむ」くんはお出かけ中で、会えなかったのがちょっと残念でした。



さっそく飾っちゃいました



いただいたペーパークラフトを、早速、部屋に飾ってみました。品のある、なかなか素敵なデザインの車両ですね。これなら、ひたちなか市民にも末永く愛されることでしょう。

 

「ひたちなか海浜鉄道ホームページ」

http://www.hitachinaka-rail.co.jp/htdocs/