アーカイブ: 2010年6月22日

Date: 2010.06.22 | 投稿者: nakamoto

プライベートで訪れたソウルの公共交通レポート、第2弾の今回は地下鉄編です。

地下鉄の改札口

ソウルで、言葉が通じない旅行者も気軽に利用できる交通手段としてオススメなのが、地下鉄です。

以下、乗車体験記とともに、ソウルの地下鉄をご紹介します。

<地下鉄の路線と駅>

ホテルから近い、市庁(シチョン)駅から乗ることに。

市庁(シチョン)駅の入り口

ソウル市の地下鉄は、9つの路線があり、それぞれ1号線、2号線、・・・と呼ばれています。さらに、番号だけでなく、東京の地下鉄のように色でも区別されています。

そして、駅にも全て番号が付されているため、路線図で行きたい路線番号と駅番号を確認すれば、初心者でも迷わず利用することができます。ちなみに、市庁(シチョン)駅の番号は、132番(1号線)と201番(2号線)。

地下鉄の駅には、色分けされた路線図(左)と、これから乗る路線の駅番号(右)が書かれた表示板があります

駅名の表示はハングルが基本ですが、英語も併記されていますし、手元のガイドブックに乗っている駅番号で確認すれば、大丈夫。

<切符の買い方>

ソウル地下鉄の乗車券は、2009年に、それまでの紙の切符から、再利用式のカード乗車券に変わりました。カードは1回ごとに発券機で買うのですが、購入時には運賃プラスカード保証金を支払い、下車後にカード保証金を返却してもらう、というシステムです。

駅に並んでいる券売機

駅によっては、券売機のタッチパネルに「日本語」のボタンがあり、日本語表示に切り替えることもできます。

日本語だからと安心していたら、行き先の駅名を選ぶ画面になったとたん、いきなり英語表示になり、少々慌ててしまいました。たくさんの駅名の中から何とか目的地を選び出し、購入枚数を選んで表示された料金を入れて、購入操作終了。できれば、駅名も日本語で表示される券売機があるといいんですけどね・・・。

券売機では日本語表示を選んで購入できます

初乗り運賃は1000ウォンで、日本円に換算すると約80円(2010年5月現在)という安さです。これに保証金500ウォンを加えて、最低1500ウォンで地下鉄に乗れるんです。目的の駅で下車したら、改札外にある「保証金返金機」にカードを入れて、500ウォンを受け取ります。

このオレンジ色のカードが、発券された「1回式交通カード」。ちなみに、suicaやPASMOのようにチャージして何回でも使用できる「Tmoneyカード」というのもあるそうです。

地下鉄の1回式交通カード

<改札から乗車へ>

とりあえず1号線で1つ隣のソウル駅までの乗車券を買って、改札口へ向かいます。

改札機にカードをかざしてからバーを押して通ります

全て自動改札なのですが、日本と違うのは、回転式のバーが付いていること。カードをセンサー部分にかざしてから、バーを押しながら回して、改札口を通ります。

また、ホームで列車を待つときに注意したいのが、上りと下りのホームを間違えないこと。進行方向の駅名がハングルで表記されているので、またしても一瞬焦りましたが、駅番号で確認することができます。

駅によっては、上りと下りとで改札口が分かれているところもあるそうなので、注意して下さい。

列車の方向(行き先)は駅番号で確認

ちなみに、線路への転落事故防止に役立つホーム可動柵は、高さがあるフルカバータイプですが、ガラス製のため見た目の圧迫感が少ないほか、壁面を利用した企業広告もあり、駅に明るさと華やかさを添えているようです。でも、これがあるおかげで、列車の写真は残念ながら撮ることができませんでした。

可動式ホームドアの横には鮮やかな広告が

すぐに列車が来たので乗り込むと、そこそこ混雑してはいましたが、車内は快適で、日本の地下鉄とほとんど変わりません。

車内は清潔で快適

車内の表示やアナウンスはハングル。降りる駅を間違えないように注意しながら、ソウル駅で下車。

光を放ちながら浮かび上がるソウル駅の駅舎

ソウル駅で乗り換えるため、改札を出てからいったん地上に出てみたところ、ガラスでおおわれたソウル駅が、夜の街にともる巨大なランタンのように輝いていました。

ソウル駅は巨大ターミナル駅

再び地下街へと戻って、今度は4号線に乗り換え、ソウル駅から2つ目の明洞(ミョンドン)駅で下車。

地下鉄明洞駅の入り口

明洞(ミョンドン)は、日本で言えば東京・渋谷のようなところで、ファッションや化粧品、グルメまで、何でもそろうショッピングストリートです。

夜の明洞中央路

今回は、地下鉄のほんの一部しか乗車できませんでしたが、次回ソウルに来る機会があれば、地下鉄を乗りこなして街歩きを楽しんでみたいと思いました。