アーカイブ: 2010年8月

Date: 2010.08.30 | 投稿者: komatsu

今回は、8月22日(日曜日)に、石岡市と小美玉市で開催された、「かしてつ跡地バス専用道開通記念ウォーキング大会」の様子を報告します。

この「バス専用道」という言葉、あまりなじみがないものですが、

「かしてつ」という響きにピンと来る方にはおわかりでしょう。

実は、平成19年3月末に廃線となった「鹿島鉄道鉾田線」の線路跡地の一部を活用して整備したものなのです。

バス専用道としての整備区間は、石岡駅から四箇村(しかむら)駅までの5.1キロメートル。

ここを、地元の石岡市と小美玉市がそれぞれ「市道」として整備し、その上を、民間の路線バスが渋滞の影響を受けずに走ることで、鉄道並みの「定時性」が確保できるというものなのです。

こうしたバスの運行システムは、BRT(バス・ラピッド・トランジット=バス高速輸送システム)と呼ばれ、道路整備は自治体、バス運行は民間という「公設民営方式」のBRTとしては、何と全国初!だそうです。

ウォーキング大会は、「石岡一高下バス停」スタートの「石岡コース」と、「四箇村駅」スタートの「小美玉コース」の2コースで、各コースとも、ほぼ中間地点の「石岡運動公園」を目指し、約2.5kmを歩きました。

石岡コースは、8時40分、久保田石岡市長の号砲を合図にスタート。

スタートの合図をする久保田市長

8月下旬にも関わらず、この日も朝からうだるような暑さ(>_<)でしたが、参加者の皆さんは、受付で配られた「うちわ」を手に、バス専用道を歩き始めました。うちわには、バスの車体デザインと同じく、ひらがなの「か」の文字が書かれています。

帽子やタオル、そして「かしてつうちわ」を手に歩きます

出発後すぐに、国道6号の下を通過しました

バス専用道と一般道路との交差点は、路面が黄色に舗装されていました。

交差点付近

路面からの照り返しもあり、暑いことと言ったら、例えようもありません!

と思っていたら、こんな木立をながめられる場所もありました。

木立の奥には池も。歩きだからこそ見える景色です

ようやく、給水ポイントの「石岡南台駅」バス停に到着。ここは、石岡から1つ目の駅跡で、駅舎のほかホーム跨線橋もそのまま残されています。

ボランティアの皆さんから冷水のペットボトルをいただき、小休止です。

給水ポイントの「石岡南台駅」バス停付近

石岡南台駅のホーム跡

跨線橋をくぐって歩く参加者

さらに歩き続けると、再び交差点にさしかかりました。下の写真で、電柱の右横に銀色の細長い角柱があるのがわかりますか?

交差点の「遮断機?」が見えます

これは、一般車両がバス専用道路に誤って進入するのを防ぐために、通常時バス専用道路側に下ろしておく「遮断機」なんです。

鹿島鉄道の頃には、道路側に遮断機が下りていたのに比べると、逆ですね。

遮断機は、あくまでバス専用道路への進入防止用です

南台の住宅地を歩いていけば、ゴールの石岡運動公園はもうすぐ。

南台三丁目バス停付近

ようやく、ゴールの石岡運動公園(東田中駅バス停)に到着しました。

東田中駅付近に設けられたゴール

ゴール付近には、地元の幼稚園・保育園児が描いた「かしてつバス」の絵が飾ってありました。かわいい子ども達の願いを込めた絵を見ていると、思わず疲れも吹き飛ぶようでした。

石岡市内の幼稚園児・保育園児のみなさんの絵

このかしてつBRTは、本日(平成22年8月30日)から運行が開始されており、運行開始を記念して、ユニークな丸形の「記念乗車券」も発売されています。

(限定1,000セット、石岡営業所、鉾田営業所、通信販売にて販売中)

記念乗車券はデザインが3種類、セット販売もあります

なお、バスは、四箇村駅を境に専用道路から一般道路(国道355号)に出て走ることになりますが、開通後は、石岡駅から小川駅までの区間を平日112便(朝夕は10分間隔、日中は20分間隔)という、たいへん便利なダイヤで運行されます。

専用道(写真左)と国道355号(写真右側)の合流地点

さらに、一部のバスは茨城空港まで運行されます(1日12便)ので、空港へのアクセスとしてもご利用下さい。

ちなみに、BRTの供用開始後(8月30日~)は、一般車両やバイクの通行はもとより、自転車や徒歩による利用もできませんので、ご注意を!!。

バス運行に関するお問い合わせ先

 関鉄グリーンバス  http://www.kantetsu.co.jp/green-bus/

 

Date: 2010.08.16 | 投稿者: tomiyama

今回は、8月29日(日)常総線活性化支援協議会の主催する、

関東鉄道常総線 駅からウォーク2010夏 

自然のパワーを感じる ひまわりウォークのご紹介をさせていただきます!!

参加費は 無料♪♪

(ドリンクサービス、飲食代別)

しかもちょっぴりお土産付き!!

下館駅から常総線に乗って集合場所の大田郷駅へ向かいます。

関東鉄道下館駅

5分程で大田郷駅に到着です。

大田郷駅 

コースの全長はおよそ11キロ!!

まずは大田郷駅から来福酒造に向かいます。 

途中、筑波山を望むことが出来ます(><)

コースから筑波山を望む

さらに歩いていくと、途中で天空に浮かぶカーブミラーを発見☆

見たことの無い珍しい形をしています・・・ぜひ探してみてください♪(笑)

宙に浮かぶミラー

のどかな道を散策しながら4キロ程歩くと、来福酒造に到着しました~!!

来福酒造

 
こだわりの日本酒
本格焼酎も置いてます

 おいしそうな日本酒が並んでいます。飲みた~い(≧▽≦)ノ

お土産にいかがでしょうか!?

来福酒造で一息ついた後は、三所神社を目指します。

三所神社


鳥居をくぐると立派な神社がある

立派な神社ですね。歴史を感じます・・・

隣の公民館で休憩した後(ドリンクサービスがあります)、石造り五輪塔、白髭神社を通り、3.5キロ程歩くと、ひまわりの里に到着です♪♪


ひまわりの里では、8月21日(土)から29日(日)まで

筑西市合併5周年を記念したひまわりフェスティバルを開催しております♪♪♪

八重ひまわり・キバナコスモスが100万本も植えられています!!!

(詳細は筑西市観光協会ウェブサイトをご覧ください)

昨年は下の写真の様に、東京ドーム1個分の土地に一面の黄色いじゅうたんが広がりました。今年も早く見てみたいですね♪

見頃を迎えるとひまわりが咲き誇る

見頃を迎えるとひまわりが咲き誇る

ひまわりを楽しんだ後、宮山ふるさとふれあい公園でご飯↑↑

アグリショップですずしろそばをいただきました♪

女性に人気!すずしろそば

すずしろ(大根)の混じったおそばはとても食感が良く、さっぱりしていてとてもおいしいです♪   

この夏にピッタリですね。

ここからあけの元気館へシャトルバスで移動します。

あけの元気館では露天風呂療養温泉に入ることも出来ます

あけの元気館

帰りは下館駅まで無料シャトルバス運行されています♪

実際にコースを歩くと気持ちいいですよ~!!


 さぁ、皆さんもこの夏の思い出作りに、ひまわり畑を臨みながら、ゆっくりと田園地帯を歩いてみませんか?

 皆様のご参加をお待ちしております☆


 ・・・ところで、会場付近には駐車場がありませんので、参加になられる際には公共交通機関をご利用ください!

 関東鉄道常総線をご利用される場合は、

 一日中乗り降り可能一日フリーきっぷ大変おトクです♪♪

 さらに期間限定で親子割引も実施中!!

常総線に乗って遊びに行こう!


ひまわりウォーク詳細

 ○開催日

 平成22年8月29日(日) ※雨天決行

 ○集合場所

 関東鉄道常総線 大田郷駅

 ○受付時間

 午前9時~午前11時 ※受付後順次スタート

 ○募集人員

 300名

 ○申し込み方法

 ・関東鉄道窓口(有人各駅)によるお申し込み

 ・電話によるお申し込み

 ・インターネットによるお申し込み

 ○お問い合わせはこちら

 関東鉄道㈱ 鉄道部業務課

 TEL : 029-822-3718

Date: 2010.08.09 | 投稿者: tomiyama

子供たちの待ちに待った夏休みが始まりました。夏休み期間中には、県内で様々なイベント列車が運行されます。

今回は子供たちに人気のゆるキャラが登場(搭乗)した鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の「ハッスル黄門号」を紹介します。

しかおファミリー&茨城県内キャラクター着ぐるみ大集合!」ポスター

7/31(土)は、県立カシマサッカースタジアムで行われる鹿島アントラーズのホームゲームに県内の小学生を無料招待する「いばらきキッズスペシャルデー」。


「ハッスル黄門号」は、茨城空港の茨城-神戸便の利用促進PRを目的として、「対ヴィッセル神戸」戦の開催にあわせて運行されました。


水戸駅を2:01に出発

今回「ハッスル黄門号」の運行にご協力いただいた鹿島臨海鉄道大洗鹿島線は、水戸駅と鹿島サッカースタジアム駅を結ぶ延長53kmの鉄道です。もともとは鹿島臨海工業地帯へ物資等を輸送する貨物専用の鉄道でしたが、1993年(平成5年)のJリーグ開幕及び県立カシマサッカースタジアムの完成に伴い、貨物駅であった「北鹿島駅」を「鹿島サッカースタジアム駅」に改称し、鹿島アントラーズのホームゲーム等の開催に合わせた旅客営業を行うようになりました。


水戸駅を出発した後、車内ではくじ引き大会が始まり、ハッスル黄門本人から景品のお菓子をいただきました。


くじ引きでお菓子をゲット

新鉾田駅ではお友達の鉾田市のPRキャラクター「ほこまるくん」が乗り込み、ハッスル黄門の大変うれしそうな様子を撮影することができました。

新鉾田駅で「ほこまるくん」と待ち合わせ

この日も猛暑で、ハッスル黄門が途中、熱中症で倒れたりしないかと心配しましたが、車内は快適で、窓から見える緑の景色と扇風機の風とのバランスがとてもいい感じでした。

みなさまもイベント列車にのって、健康で快適な夏を満喫しましょう!


車窓からのぞむのどかな風景


昔なつかしい扇風機


席をゆずる美しい心。黄門様もちょっとひと休み


鹿島サッカースタジアム駅で、ぼくでん君と合流(左から「ほこまる」「ぼくでん」「ハッスル黄門」)


みんなで鹿島サッカースタジアムへGO!!

<夏のイベント列車運行情報♪>


「快速奥久慈風っこ号」で行く夏の奥久慈(JR東日本水戸支社)


 びゅうコースター「風っこ」の開放感あふれる車両を使用し、車窓一杯に広がる水郡線沿線の豊かな自然と心地よい奥久慈の風を受けながら乗車できる楽しい臨時列車です。出発日:8/20、8/21、8/22


タイムスリップ、真夏の“あつ~い”レトロ列車(ひたちなか海浜鉄道)


 冷房が設置していない”あつ~い”レトロ列車を3日間(8/13、8/21、8/29)に限り運行、栓抜きのついた車両をお楽しみいただくため、ビン等の飲み物を販売するほか、オリジナルラベルの梅酒の販売やうちわのサービス(勝田駅)で、懐かしい旅情をお楽しみいただきます。