アーカイブ: 2013年2月01日

Date: 2013.02.01 | 投稿者: tomiyama

県内の鉄道、バス、タクシーの利用者数は年々減り続けております。特に,東日本大震災以降、通勤手段をクルマにシフトする方が増えており、このまま公共交通の利用者が減り続ければ、いずれ公共交通がなくなってしまうかも知れません。我々の貴重な移動手段である公共交通を守っていくためには,普段から利用していただくことが重要です。

茨城県公共交通活性化会議」では,新年度からの通勤・通学手段として公共交通の利用を考えていただけるよう、毎年2~3月を取組期間として、県内自治体や交通事業者等による公共交通の利用促進活動を「いばらき公共交通利用者拡大キャンペーン」として一体的に実施しています。

中でも、平成19年度から実施している県内一斉ノーマイカーデ-「ノーマイカーデーいばらき」の取組は、今回で6年目を迎え、お陰様で県内全域で定着しつつあります。県庁でも,平成21年12月に,本庁舎が「エコ通勤優良事業所」に認定登録されたことを受け,7月7日のクールアースデー前後に1回、バスの日(9月20日)と鉄道の日(10月14日)を含む期間中に2回、そして今回の公共交通キャンペーン期間中に1回と、年4回のノーマイカーデーに取り組んでいます。

市町村の中には,職員を対象とした独自のノーマイカーデーを設定するようになったことに加え,本年度も水戸市など県央地域の9市町村で,ノーマイカーデーに合わせたタイアップキャンペーンを実施していただくなど,地域ごとに工夫を凝らした取組も増えております。民間でも、毎回参加していただける事業者や新たに参加していただける事業所が増えています。

特に,今回のノーマイカーデーの実施にあたっては、茨城県バス協会様(県内を運行するバス会社10社様)のご協力により、バス料金の割引チケットが四年ぶりに復活します。このチケットを使えば、2月15日の県内一斉取組日に限り、一乗車当たり300円を超えた分が割引となります。チケットはこのホームページ上でも提供しておりますので、印刷すればどなたでもご利用いただけます。(チケットのダウンロードはこちら

バス割引チケット

 

公共交通は、上手に使うことができれば、私たちの暮らしを、より豊かなものにしてくれる移動手段です。今後、自分がクルマを運転できなくなったときのことを想像しながら、公共交通を考えていただくきっかけとして、一緒にノーマイカーデーに取り組んでみませんか?