アーカイブ: 2014年3月20日

Date: 2014.03.20 | 投稿者: katano

 

今回は,つくばみらい市さんで新たな地域公共交通を運行するということで,お年寄りに対し出張PRを行ったそうです。今回はその模様を紹介いたします。(※以下の記事はつくばみらい市さんから提供して頂きました。)

 

つくばみらい市では,平成26年4月より,新たな地域公共交通を開始することになりました。

 

これまで運行してきた『コミュニティバス(みらい号)』については,これまでの利用状況を考慮したうえで,ルート・ダイヤ・運賃を見直し,更なる利便性の向上に取り組み運行します。

 

 また,これまでのコミュニティバスでも停留所まで距離があるなど,交通空白地の方をはじめ,お年寄りなど運転免許を有しない方,日常の移動に不便をきたしている方々の移動における利便性の向上を図るため,4月より新たに『デマンド乗合タクシー(みらいくん)』導入します。

 本市初となるデマンド乗合タクシー(みらいくん)は,ドアツードアで目的地まで移動ができ,非常に利便性の高い公共交通を提供します。

 

 市では,4月からの運行開始に向けて,交通弱者と言われるお年寄りの集まる福祉施設やイベント(認知症予防体操クラブなど)に職員が出向いて,積極的なPR活動を行っています。

DSCF1968 

 会場では「これらの地域公共交通は,地域の皆さまのご利用があって運行が継続されます!みんなで支える公共交通にするため,ぜひ,ご活用をお願いしたい!」と熱のこもった口調で職員が説明していました。

DSCF1973

つくばみらい市の公共交通