Date: 2012.03.27 | 投稿者: tomiyama

常磐線の新たなページが始まります。平成24年3月17日のダイヤ改正により、実に14年ぶりとなる新型特急がデビューしました。その名も“E657系”

今回導入されたこの新型特急は、外観に茨城のシンボルである紅白の梅の色をあしらったデザインが特徴で、機能の面でも、静粛性や乗り心地の向上に加え、ユニバーサルデザインに配慮した車内設備や、ビジネスユース等に対応したインターネット接続環境など、最新技術の粋を尽くした、まさに超ハイスペックな車両です。

 

運行初日となる17日の出発式には、橋本知事をはじめ水戸市長が出席したほか、色鮮やかな着物に身を包んだ水戸の梅大使が一日駅長として出席し、式典に華を添えます。

 

駅全体が華やかなムードに包まれます

出発式は、勝田発一番列車の水戸駅到着に合わせて行われました。  早朝にもかかわらず、多くのマスコミ関係者が駆けつけ、シャッターチャンスを窺います。

 

列席者が着席。スタンバイOK

冒頭,主催者であるJR水戸支社長から「JRが満を持して投入した車両である。この新型特急に乗って是非多くの方に茨城県に来ていただきたい。」と挨拶がありました。

 

JR水戸支社 熊本支社長による主催者あいさつ

 

 続いて、来賓として出席した橋本知事から「JRさんには上野駅での「茨城フェア」の開催など本県のイメージアップのために色々とご協力をいただいている。ただ、何にも増して一番のイメージアップは常磐線の東京駅乗り入れである。県民の期待は大変大きなものがあるので、早期に実現できるよう是非お願いしたい。」と挨拶がありました。

橋本昌茨城県知事による来賓あいさつ

 

 続いて高橋靖水戸市長から「我々行政としても常磐線に乗っていただけるようなまちづくりを進めていきたい。東京駅乗り入れと同時に水戸から1時間を切っていただければさらにイメージもよくなる。そうした環境づくりにもJRさんと一緒に取り組んでいきたい。」と挨拶。

 

高橋靖 水戸市長

 

水戸市長の挨拶が終わると、向きをかえてテープカットのスタンバイ。列車の到着と同時にテープカットを行います。

列車の水戸駅停車時間は1分程度。この歴史的瞬間をカメラに収めようと、一瞬たりとも気が抜けません。緊張しながら列車到着の瞬間を待ちます。

列車の到着を待つ列席者

 

しばらくすると、 ウィーンという モーター音とともに、まばゆい光がホーム一面に差し込みます。

キタ━(゚∀゚)━!!!!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
キタ━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━!!!!!! 

おお!

かっこいい~

司会の合図とともにテープにはさみが入り、テープ.が切られると参加者の顔はほっとした表情に変わり、会場内に喜びの拍手があがりました。

どうぞ皆様、この新型特急を使って春の茨城へお気軽にお越し下さい

本県では、3月末まで、水戸で梅祭りが開催されているほか、JR水戸支社では、「いわき・ときわ路夢街道キャンペーン」として、震災からの復興に取り組む本県の北茨城市、高萩市、福島県のいわき市の芸術、文化、歴史をテーマにキャンペーンを展開中です。

それ以外にも、常磐線沿線には、新鮮な魚介類が楽しめる市場や、四季折々の野菜等を使用した飲食店、サーフィンをはじめとするマリンスポーツ、色とりどりの花々によって鮮やかに飾られた 美しい公園など,まだまだ知られていない魅力がたくさんあります。

このような隠れた魅力を積極的にPRしながら、より多くのお客様に、この新型特急を使って来県いただけるよう、精一杯頑張ってまいりたいと考えておりますので、皆様方には、1本でも多くの常磐線の東京駅乗り入れに向けて、なお一層のご支援・ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。