Date: 2010.11.24 | 投稿者: tomiyama


11月1日(月) 三日目

この日ははじめての平日です。

平日という甘えもあって、この日もやや遅れ気味に到着。

テントの前に行ってみると、昨日まで派手に置いてあった人車軌道はすっかり片付けられ、この日アテンドをお願いしていた水戸市さんとひたちなか市さんが、本来先に到着していなければならない私の到着をテントの前で待っていてくれました。

急いでテントの幕を開け、バツの悪さをごまかすように一心不乱に開場準備を進めます。一通り準備が整うと、ひたちなか市の白田さんがおもむろに空気入れのようなものを取り出し、長い風船をねじねじしはじめました。そうです。この日の出し物は“バルーンアート”。ひたちなか市の白田さんが個人の趣味でやっておられるということで、電話で急遽お願いしたものです。「こんな平日に、一体どれだけのお客様が来てくれるのか?」そんな筆者の不安をよそ目に、犬やら、うさぎやら、ぶどうやら、いろいろな色の組み合わせの作品を見事な手さばきで作り上げていきます。

風船をねじ上げる白田さん

なかなかどうして、十種類ぐらいのサンプルが揃うと、テーブルの上はすっかり華やかなムードに。

テーブルが華やかに

何度も言うようですが、この日は平日。小学生以上は普通に学校です。開場から1時間たったあたりでようやく小さな男の子を1人見つけたので、ここぞとばかり「欲しいのがあったら指さしてみて。このお兄ちゃん作ってくれるから。」と声をかけてみました。すると、男の子らしく剣のリクエスト。白田さんが剣を作っている間に、親御さんにすかさず話しかけ、チラシを渡します。

 

男の子から剣のリクエスト

風船を作っている間にチラシを配る。絶妙の連携

白田さんいわく、バルーンアートは、最初に誰か1人に作ってあげると、それを見た他の子たちも欲しくなり、親を呼び込んできてくれて、それが会場全体に波及するのだそうです。何とも頼もしいお言葉。できあがった剣を元気にふりまわす男の子の後ろ姿に期待を託します。

剣をふりまわす男の子

すると、今度は女の子がやってきました。同じように声をかけてみると、女の子らしくぶどうのリクエスト。白田さんいわく、ぶどうはつるとふさの二色で、つぶつぶが多いため、手間がかかるそうです。さすがは女の子。手の込んだものはわかるようです。

女の子からぶどうのリクエスト

実際、お昼ごろになると、作っても作っても間に合わずにいつの間にやら行列ができ、いつも間にやらこの日のチャンピオンブースに。

白田さんのパフォーマンスを見守るギャラリー


この日は平日なので、正直それほど期待せずに臨みましたが、ふたをあけてみると、目標の100セットを無事配り切ることができました。

「芸は身を助ける。」

配布用の菓子をつまみ食いしながら感心する無芸大食の筆者でした。(つづく)